THE BRIDGEに掲載されました

掲載元

クラウドファンディングを成功させたカジュアルホームセキュリティ「Secual」が次なるユーザ獲得に向けて動き出す

Secual

クラウドファンディングで目標金額を大きく上回り、プロジェクトを達成した窓やドアに貼るだけのカジュアルホームセキュリティサービス「Secual(セキュアル)」。クラウドファンディングが一段落し、「Secual」は次の動きを始めている。

「Secual」は、窓やドアからの侵入を検知し、不在時の警報を鳴らし、スマホに即座に通知するサービスだ。「Secual」の機器は配線不要で簡単に設置でき、賃貸住宅に暮らすユーザや引越しが多いユーザなど、これまでホームセキュリティを利用できなかった方でも、気軽に導入できるサービスとして注目を集めている。

クラウドファンディングでは、アーリーアダプターと呼ばれるアンテナ感度の高いユーザ層が獲得できた。彼らが次に狙うのは、アーリーマジョリティへと一歩近づいたユーザ層だ。

Secual App Bank Store

そう考えた彼らは、今週からiPhone・iPad関連サービスのレビューサイト「AppBank」が運営するオンラインショップ「AppBank Store」にて「Secual」の予約販売を開始した

今回の「AppBank Store」での販売を通じて、さらに多くのスマートフォンユーザに、スマホと連動した低価格セキュリティサービス導入の機会を提供したいと考えているという。

さらに「Secual」は、本日「ietty」とのモニターキャンペーンを発表した。内容は、モニター期間中のアンケートに協力するとSecualが無料でプレゼントされるというもの。過去にiettyを利用して賃貸契約した物件に住むユーザ、または現在iettyを利用して部屋を探しており、2016年3月までに賃貸契約予定のユーザが対象となる。

現段階で「ietty」を利用しているユーザは、「Secual」のようなサービスにも関心を持ちやすいのではないか、との考えからこのキャンペーンはスタートしている。「Secual」は、今後も相性の良いユーザがいそうな領域へとアプローチを続けていく予定だ。

「Secual」は、2016年2月の正式出荷に向けて開発段階に入っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close